コワーキングスペースとは?設備・費用相場・選び方などを初心者向けに解説!

当サイトではコワーキングスペースとはどのようなものなのか、設備・費用相場・選び方などを初心者向けに解説しています。
初めて利用する場合でも、これらを押さえておくとサービスを選びやすくなるでしょう。
またこのサイトでは利用料金の相場もご紹介しています。
いくらくらいかかるのか知りたい場合に参考になるはずです。
さらに自分に合ったワーキングスペースの選び方も説明しています。
様々なタイプがありますので自分に合うところを選びましょう。

コワーキングスペースとは?設備・費用相場・選び方などを初心者向けに解説!

コワーキングスペースの初心者なので、どのようにサービスを選ぶべきか迷うという人もいるかも知れません。
コワーキングスペースは、基本的にフリーアドレス制の場合が多く、会員は空いている席を自由に使うことができます。
無料Wifiやフリードリンクが利用し放題なことが多いです。
料金は施設により幅がありますが、レンタルオフィスやシェアオフィスなどと比較すると安い傾向があります。
選ぶ際には料金と機能、雰囲気などから比較するのがおすすめです。

コワーキングスペースとは?普及が進む背景

コワーキングスペースとは、日本語に訳すと共同での仕事場所といった意味合いになります。
既存の施設でこれに近いものはなかなか無いのでイメージ的に説明するのは難しいのですが、大勢の人が共同で使う大きな部屋であり、そこに机は椅子などが適度に並べられていて、別に同じ会社の人でもない大勢の人がそれぞれに仕事を進めているような感じになります。
今の仕事に必要な高速インターネット回線、電源コンセント、それにプリンターなどは備え付けられており、各自パソコンや携帯電話を持ち込んで仕事をするわけです。
このようなコワーキングスペースの普及が進む背景ですが、テレワークの推進や普及があることは間違いありません。
多種多様な働き方改革の一環として、仕事は会社のオフィスに全員出勤して行うものという考え方が、少しずつではあるかもしれませんが変わりつつあります。
一方では自宅では仕事ができない、やりにくいという人もおり、このようなスペースが求められているわけです。

コワーキングスペースとシェアオフィスとの違い

コワーキングスペースとシェアオフィスは、どちらもフリーアドレス形式で仕事ができるスペースという点では共通しています。
明確な線引きがあるわけではないので混同されがちですが、コワーキングスペースとシェアオフィスは何に重きが置かれているのかという点に違いがあります。
コワーキングスペースは、コミュニティの形成に重きが置かれており、他の利用者との交流が活発です。
利用者同士が交流することで、ビジネスやアイデアの創出につながるというメリットがあり、基本的にはオープンスペースとなっています。
一方のシェアハウスは、作業に集中することに重きが置かれています。
他の利用者との交流もゼロではありませんが、あくまで仕事をするスペースとして設計されているので、シェアオフィスには共有スペースだけでなく、個室が備わっているのが一般的です。
ただし、これらの違いは非常に曖昧で、シェアオフィス内の共有スペースがコワーキングスペースのように機能しているケースも少なくありません。

コワーキングスペースに備わっている設備やサービス

コワーキングスペースの設備やサービスは施設ごとに異なりますが、机や椅子といった基本的なものに加えて業務を補助してくれるアイテムが中心です。
主な設備としては電源やインターネット、コピーやスキャナーなどが挙げられるでしょう。
会議室やミーティングスペースが設置されている場合には、ホワイトボードやプロジェクターなどが用意されていることもあります。
コワーキングスペースによってはドリンクバーやコーヒーメーカーの提供などのサービスもありますが、形式は運営方針によって違います。
ドリンクバー形式でフリードリンクを自由に飲めるコワーキングスペースや、カフェ形式で注文可能なコワーキングスペースもあるでしょう。
ロッカーや個室ブースの他にゲスト用のラウンジなどが用意されていることもあり、休憩時間に新聞や書籍を読むことができるようになっています。
また、ものづくり系の施設の場合は3Dプリンターなどの貸出サービスが実施されていることもあります。

コワーキングスペースの料金体系について

コワーキングスペースの料金体系ですが、その施設に応じて様々に設定されていることも多いものの、基本的なところを言えば二つに分類されることが普通であり、月額会員と一時利用になります。
月額利用とは予め月々一定の金額を支払ってそのコワーキングスペースを使うもので、多くはその定額支払いによって使い放題となります。
ですが施設によってはある回数を超えると追加料金が必要とされることもあったりします。
月額会員には特定のサービスが提供されることも多いので、もしそれなりの頻度で使う意向があるのであれば検討してみてもよいかもしれません。
一方で一時利用はその場で料金を払って使うものです。
体系としては時間制料金か、あるいは終日利用でいくらというように決められていることが多くなっています。
全体的に言って、使う頻度が低いのであれば一時のほうがメリットが大きいですが、高頻度で使いたいのであれば月額会員になったほうが良いでしょう。

コワーキングスペースに関する情報サイト
コワーキングスペースって何?

当サイトではコワーキングスペースとはどのようなものなのか、設備・費用相場・選び方などを初心者向けに解説しています。初めて利用する場合でも、これらを押さえておくとサービスを選びやすくなるでしょう。またこのサイトでは利用料金の相場もご紹介しています。いくらくらいかかるのか知りたい場合に参考になるはずです。さらに自分に合ったワーキングスペースの選び方も説明しています。様々なタイプがありますので自分に合うところを選びましょう。

Search